お問い合わせ

施工事例

ウォーム減速機の修理・オーバーホール

施工概要

ウォーム減速機の修理・オーバーホール

ウォーム減速機主軸部分の溶射加工とオーバーホールを行った事例をご紹介いたします

施工カテゴリー モーター・減速機 
お客様業界 その他 
施工内容 ウォーム減速機主軸部分の溶射加工とオーバーホールを行った事例をご紹介いたします
工期 6時間

施工風景

  • 修理前の減速機

    修理前の減速機

  • 分解後の減速機

    分解後の減速機

  • 主軸部分のズームアップ

    主軸部分のズームアップ

  • 溶射加工後①

    溶射加工後①

  • 溶射加工後②

    溶射加工後②

  • 修理後の減速機

    修理後の減速機

施工手順

1

部品調達可否調査

2

見積り提出

3

部品手配

4

溶射加工

5

部品組付調整

6

引き渡し

工事の背景・工事前の課題

飲食料業の工場にて使用されているウォーム減速機のオイルシールの部分より油漏れがしているとご相談をいただきました。そこで現品をお預かりしたところ、海外製(Bonfiglioli社)の減速機のため交換部品の入手も難しいことがわかりました。また減速機を分解してみたところ、歯車の主軸部分が摩耗しており、軸受も破損していることが分かりました。

改善効果・当社からの提案

ウォーム減速機の摩耗した部分は、溶射加工を行って再生いたしました。また交換部品はメーカー純正品の調達は不可能でしたが、代替が可能な国産品を当社で選定の上、置き換えることとしました。このように海外製で交換部品の調達が難しいものについても、機械工具商社である当社の長年の知見を活かして最適な代替部品の選定・ご提案を行います。他社に頼んでも断られた修理・メンテナンス案件についても、ぜひ一度当社にご相談ください。

【施工カテゴリー: モーター・減速機】に関するその他の事例

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。