お問い合わせ

新着情報

2022年5月25日【高騰する工場の電気代に悩んでいませんか?】余剰蒸気の有効活用による省エネ・節電対策

平素より大変お世話になっております。

株式会社鬼柳の葛西です。

今月は、省エネ・節電対策についてご紹介します。

 

◆工場の電気代高騰の現状とその原因◆

【高騰する工場の電気代に悩んでいませんか?】余剰蒸気の有効活用による省エネ・節電対策|岩手 工場保全・メンテナンス.com

最近、工場の電気代がかなり高騰しています。保全や生産技術の担当者の方の中には、かなりお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

原因は天然ガスや石油等のエネルギー価格の高騰にあります。2021年後半から年末にかけて天然ガスの価格が高騰していましたが、一時落ち着いていました。しかし、ロシアとウクライナの紛争勃発により、石油を含む世界的なエネルギー価格高騰が続いています。

東北電力は、「採算が取れない」として、電力の小売事業者と契約していた企業からの契約切替の新規受付を停止しています。

(参考:NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220414/k10013582881000.html

 

また、資源エネルギー庁の資料によると、一般的な工場の電力消費のうち、およそ81%が生産設備、約11%が空調、約8%が照明となっています(参考:資源エネルギー庁 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001o9by-att/2r9852000001oa3e.pdf)。

したがって、生産設備の電力消費量を低減することが非常に有効な対策になります。

 

 

◆余剰蒸気を活用して発電する! スクリュ小型蒸気発電機MSEG◆

【高騰する工場の電気代に悩んでいませんか?】余剰蒸気の有効活用による省エネ・節電対策|岩手 工場保全・メンテナンス.com

一般的な加熱源(熱媒体)として幅広く利用されている蒸気ですが、余剰蒸気は有効活用されないまま放出されている場合が多いです。また、蒸気を使用する際は減圧弁で蒸気圧を抑えていたことから、減圧時のエネルギーもほとんど活用されていません。いわば”蒸気エネルギーのムダ”が発生していたわけです。

 

コベルコ・コンプレッサ株式会社様のスクリュ小型蒸気発電機MSEGは、余剰蒸気活用による発電と生産プロセス前の減圧弁代替による発電で、最大出力160kWの高効率発電が可能です。また、従来のタービン式蒸気発電機と異なり発電機盤や制御盤が付属しているため、工事費用・工期の削減および省スペース化にも貢献します。

 

 

◆蒸気発電機の更新・入替工事をはじめとする省エネ対策なら、(株)鬼柳にお任せください◆

岩手県の株式会社鬼柳は、蒸気配管の入替工事や大型シーリングファンの設置工事など、省エネ対策の施工実績が多数ございます。

30以上の協力業者様とのネットワークと豊富な施工ノウハウを駆使して、最適な工期・コストでご提案させていただきます。

ご相談・現場調査だけでしたら原則無料で対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

>>省エネ・脱炭素に関する施工事例はこちら

>>ご相談・お問合せはこちら

 

2022年4月12日そのままで大丈夫?設備の老朽化の裏に潜む危険

平素より大変お世話になっております。

株式会社鬼柳の葛西です。

今月は、設備の老朽化に伴う更新・入替工事の事例をご紹介します。

 

◆皆様の工場・施設にこのような設備はありませんか、、、?◆

 

長年稼働していて耐用年数が過ぎている、、、

メンテナンスは故障した時に依頼する程度、、、

ずっと使用しているコンプレッサのエアーが弱くなっている、、、

 

こうした設備をそのまま使い続けていると非常に危険です!

 

①生産性の低下、②消費電力の増加、③(加工機であれば)加工スピードの低下や

不良品率の悪化、そして最悪の場合大きな災害を招く可能性もあります。

 

◆労働災害が起こった場合に、企業・経営層が負う責任についてご存じでしょうか◆

 

工場内で労働災害が起こった場合、企業・経営層が負う責任は極めて重大です。

 

まず刑事責任としては、労働安全衛生法違反や業務上過失致死傷罪に問われる可能性が

あります。そして民事では損害賠償責任が発生する可能性があり、その他労働基準監督署

からの指導や社会的評価の失墜も充分ありえます。

 

◆設備の更新・入替工事を提案~実施いたします!◆

 

株式会社鬼柳は、老朽化した設備や機械の更新・入替工事の実績が多数ございます。

まずお客様の工場にある老朽化した設備を診断し、必要であれば更新・入替工事のご提案を、

不要であれば延命化や予防保全を目的とした修理・メンテナンスを行うことも可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

>>老朽化に伴う設備の更新・入替工事の事例はこちら

 

>>ご相談・お問合せはこちら

 

2022年2月16日【対策はお済みですか?】「溶接ヒューム 」が特定化学物質に!2022年4月から対策義務化法令が完全施行へ

金属アーク溶接等で発生する「溶接ヒューム 」。

これまで「粉じん」として健康障害防止対策を講じる必要がありましたが、

昨年、溶接ヒュームに含まれる化学物質について労働者への健康障害のリスクが高いと認められたことから、

粉じん対策に加え、特定化学物質に追加し、ばく露防止措置などの必要な対策を講じる形へ法改正が実施されました。

>>参考資料①

>>参考資料②

 

新たな規制への対応例として、主に次の4点が挙げられます。

① 作業主任者技能講習修了者が不在又は不足する場合は、年度内に修了者の増員
⇒令和4年4月1日より選任している必要があります。

② 継続的に金属アーク溶接等作業を行う屋内作業場について、
個人サンプラーによる空気中の溶接ヒューム濃度の測定(年度内に)
⇒令和4年4月1日より濃度に応じた換気対策が必要です。

③ 金属アーク溶接等作業に従事する労働者に対する健康診断の実施(以降年2回)

④ 上記濃度測定の結果に応じた換気装置等の準備及び呼吸用保護具の準備
⇒令和4年4月1日より呼吸用保護具を着用した状態での作業が義務となります。

 

「ウチでは溶接ヒューム対策をやっていない・・・」「溶接ヒューム対策って何をすればいいの?」という方もご安心ください。

株式会社鬼柳では、溶接ヒューム対策のうち「個人ばく露測定」「濃度測定」からそれを踏まえた「改善提案」まで対応いたします。

まだ溶接ヒューム対策が何もできていない、何から始めていいかわからないという方には

最適なサービスですので、ぜひお気軽にご相談ください。

>>ご相談・お問合せはこちらから!

2021年5月11日フロン排出抑制法における点検について

「フロン排出抑制法」では、「管理者の判断基準」として遵守しなければならない重要事項として、点検があります。

これには、簡易点検と定期点検の二種類があります。これらのことについての詳細を示します。なお前提として、「全ての機器1台ごとに点検・整備記録簿をつけ、その記録簿に記録・保存しなければならない」ということがあります。

点検・整備記録簿はフロン排出抑制法の改正により令和2年4月以降、機器を廃棄してからも3年間の保存が義務づけられます。

点検・整備記録簿が未作成の場合は早急に作成が必要です。

 

>>関連資料はこちら

 

 

簡易点検について

すべての第一種特定製品(業務用冷凍空調機器)において、3カ月に1回以上の簡易点検が義務付けられています。

内容            

エアコンの場合

異常音並びに外観の損傷、磨耗、腐食、錆などの劣化。油漏れ並びに熱交換器への霜の付着の有無など。

冷凍冷蔵機器の場合

上記の内容と、貯蔵または陳列する場所の温度など。

 

実施方法          

3カ月に1回以上で、管理者自身がその技術などに応じた範囲で自ら行うことでも可能。

 

記録事項          

基本事項
  • ①管理者の氏名または名称、法人にあっては実際に管理に従事する方の氏名を含む。
  • ②機器の所在および機器を特定するための情報。
  • ③初期充塡量(機器に充塡されているフロンの種類およびその量、設置時の現場充塡量を含む)。
 
点検に関する事項
  • ①簡易点検を行った旨(チェック項目など)、点検年月日。

 

 

 

定期点検について

定期点検の対象機器と頻度   

製品区分圧縮機の定格出力点検頻度
冷蔵機器及び冷凍機器7.5kW以上1年に1回以上
エアコンディショナー50kW以上1年に1回以上
7.5kW以上50kW未満3年に1回以上

 

 

 

 

※圧縮機の定格出力とは、基本的には圧縮機を駆動する電動機の定格出力をいうが、ガスヒートポンプエアコン等、
圧縮機の駆動に内燃機関(エンジン)を用いる機器については、当該内燃機関の定格出力をいう。
輸送用冷凍冷蔵ユニットのうち、車両その他の輸送機関を駆動する内燃機関により輸送用冷凍冷蔵ユニットの
圧縮機を駆動するのもについては、当該内燃機関の定格出力のうち当該圧縮機を駆動するために用いられる出力をいう。

※複数の圧縮機がある機器の場合、冷媒系統が同じ(複数の圧縮機が同じ冷媒配管により接続されている場合)であれば合算して
 判断する。例えば、ひとつの冷媒系統に2台の圧縮機が使われている場合は、2台合計の定格出力で判断する。

 

定期点検の実施者(十分な知見を有する者)

機器の専門点検は第一種フロン類充塡回収業者に委託するなど、十分な知見を有する者が自ら行うか、立ち会うことが必要。

 

内容と実施方法         

  • ●機器の異音、外観検査を行う。
  • ●漏えい箇所が概ね特定できる場合は、直接法(発泡液法、電子式漏えいガス検知装置法、蛍光剤法など)により行う。
  • ●その他の場合は、間接法(蒸発圧力などが平常運転時に比べ、異常値となっていないかを、計測器などを用いる)により行う。
  • ●直接法と間接法を組み合わせた方法により行う。

 

RaMS (Refrigerant Management System)は日本冷媒・環境保全機構(JRECO)が提供する、自社で保有・管理する冷凍空調機器・冷媒をWeb上で簡単、確実、効果的に管理するためのクラウドサービスであり、点検・整備記録簿の合理的な作成、保存が可能です。

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。