お問い合わせ

施工事例

旧型モーターの電磁ブレーキコイル巻き替え

施工概要

旧型モーターの電磁ブレーキコイル巻き替え

部品加工業のお客様で使用されている旋盤の駆動用モーターにおいて、軸受けの交換と電磁ブレーキコイルの巻き替え、およびブラケットの補修を行った事例をご紹介いたします。

施工カテゴリー モーター・減速機 
お客様業界 機械要素・部品 
施工内容 軸受け交換・ブレーキコイル巻替え・ブラケットの補修
工期 2週間

施工風景

  • 巻き替えモーター

    巻き替えモーター

  • 摩耗したブラケット

    摩耗したブラケット

  • カラーを圧入したブラケット

    カラーを圧入したブラケット

施工手順

1

現地調査

お客様のご要望をヒアリング

2

巻き替え作業

電磁ブレーキコイルの巻き替え作業を実施

3

ブッシュ入れ加工

ベアリング圧入箇所に対するブッシュ入れ加工

4

絶縁測定

絶縁抵抗値や電流値を測定

5

試運転確認

試運転で確認を行い問題がないことを確認後、引渡し

工事の背景・工事前の課題

部品加工業のお客様がご使用されている、40年以上前に生産された旋盤の駆動用モーターのブレーキが効かなくなったと相談があり、実施した修理・メンテナンス事例です。現地にて現品を確認したところ電磁ブレーキコイルが焼損していたことがわかりました。しかし、当該部品自体の供給が終わっており、また新型のモーターは規格が合わないため載せ替えることもできませんでした。そのため現状のモーターを復旧させるしか方法がありませんでした。

改善効果・当社からの提案

今回の施工では、モーターコイルの巻替えを提案いたしました。同じ仕様のモーターは生産・供給が終わっており、同じ旋盤の中古品からモーターを取り出すことも検討の視野に入れたが、結局モーターを部品として入手することも厳しかったためです。更に現行品のモーターは取付寸法が合わなかったこともあり、電磁ブレーキコイルの巻き替えを提案いたしました。加えてモーターを分解したところ、軸受を固定しているブラケットも摩耗していたため、内径を仕上げたカラーを圧入して、軸受も交換する工程も追加提案・実施いたしました。

【施工カテゴリー: モーター・減速機】に関するその他の事例

お問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼は、電話またはメールフォームより承ります。